• 投稿 2018/10/04 
  • 未分類

2018年10月4日木曜日

 

下げ材料

 

内閣支持、5ポイント減50%
欧州ディーゼル、強まる逆風
そごうや西武・高島屋など百貨店5社、公取委が送料カルテルで課徴金

 

上げ材料

 

ホンダ、GMと自動運転提携。技術開発へ3000億円
三菱UFJ、住宅ローンの事前審査をAIが15分で判定
デンソーやコマツ・豊田通商、取引中小の事業承継支援
税制改正議論が始動。消費増税念頭、景気下支え
経産省、医療情報の入手容易に。スタートアップに認証
米株高、企業業績が支え。主要500社、2割増益へ
中国、一帯一路に2.2兆円
関空に貨物回帰。取扱能力、8割まで回復
いすゞ、米社と次世代型環境エンジン共同開発
テスラEV、量産軌道に
ジャパンマリンや日立造船、大型工事船など世界で受注拡大
東京ガス、ベルギー火力の株売却
シャープ、有機EL搭載のスマホ発表
村田製作所、世界最小の振動部品
英アストンマーチンが上場
博報堂、自治体サイトの制作代行
ソフトバンク、サウジ太陽光に意欲。事業化はなお不透明
三菱自、インドネシア工場の生産能力4割増
TDK、営業益3割増
東急不動産、820億円調達
良品計画、純利益24%増。東南アジア事業がけん引
ウエルシアの時価総額、ツルハ抜く
日立物流、M&A枠500億円

 

 

 

日経平均株価

終値:23,975.62円(-135.34円)

 

 

 

米ドル:113.78円

ユーロ:130.76円

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は続落。

 

終値で1週間ぶりに節目の

2万4000円を下回りました。

 

朝方は米ダウの最高値更新や

円安などを受けて買いが先行したものの、

上値を伸ばし切れず、

 

内需・ディフェンシブ系銘柄などに

利益確定売りが膨らみました。

 

米金利上昇を背景とする米株先物の下落に加え、

資金流出懸念でアジア新興国の株価が

下落したことも嫌気され、

後場から下げ幅が拡大しました。

 

東証1部騰落数は、

値上がり1236銘柄に対し、

値下がりが800銘柄、

変わらずが74銘柄でした。

 

 

 

三菱UFJ銀行での
住宅ローンの事前審査をAIが15分で判定

 

どんどんAIが人の仕事を奪っていきます。

担当の銀行員さん涙目ですね( ´ー`;

 

自分で稼ぐ力が益々必要になってきますね。。

 

月収20万円酪農ブルーワーカーがたった2ヶ月間で2,000万円獲得することができる「北のセオリー」とは?

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~