• 投稿 2018/10/09 
  • 未分類

2018年10月9日火曜日

 

下げ材料

 

 

 

上げ材料

 

 

 

 

日経平均株価

終値:23,469.39円(−314.33円)

 

 

米ドル:112.97円

ユーロ:129.80円

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は4日続落。
下げ幅は300円を超えました。

 

国内連休中に円高に振れた為替や、
中国景気への先行き懸念が重しとなりました。

 

国慶節明けに大幅安となった
中国株が下げ止まりの兆しを
みせたことは支えとなりましたが、

米長期金利がアジア時間で上昇。

 

日本株への買い戻しは続かず
終始軟調に推移しました。

 

終値は9月18日以来、
3週ぶりの水準まで下落しました。

 

東証1部騰落数は、
値上がり247銘柄に対し、
値下がりが1823銘柄、
変わらずが40銘柄でした。

 

 

 

 

 

2018年10月7日日曜日

 

下げ材料

 

不動産投資、細る融資。スルガ銀問題で余波
九州電力、太陽光の一時停止要請へ。需給バランス調整
縮む新車市場、保護主義誘発。雇用に打撃、生産奪い合い
米政権、逆風やまず。判事人事・税逃れ疑惑
アフリカ開発、借金漬け懸念。日本、中国念頭に訴え
非核化、高いハードル。米中間選挙控え、北朝鮮が強気の交渉

 

上げ材料

 

イオン、営業益最高。スーパー値下げ・改装効果
米国務長官、拉致再提起へ。きょう訪朝、正恩氏と会談
中国へのコメ輸出加速。ブランド米売り込む
三井住友信託銀、後継者探し支援
スーパー各社、都心に重点。大手20社出店、2割増
企業の地力、株価押し上げ。1株利益、最高に
GMやトヨタなど、自動運転で合従連衡。グーグルへの挑戦、始動
サウジ、ソフトバンクファンドに5兆円追加出資へ