• 投稿 2018/10/11 
  • 未分類

2018年10月11日木曜日

 

下げ材料

 

東証、障害招いた想定外。メリル顧客の高速業者引き金
スルガ銀シェアハウス問題、将来性を過大評価し算出
テックビューロ、ザイフをフィスコに譲渡
英、巨額金融リスク警告
米外交の顔、総入れ替え。国際協調、軽視に拍車
中国映画、急成長に陰り
世界の原発投資、45%減
コカコーラ、一転減益
日産、中国販売20ヶ月ぶり減少
安川電機、純利益下振れ
サイゼリヤ、4期ぶり減益
レナウン、3〜8月赤字幅拡大
久光薬、3〜8月純利益2%減

 

上げ材料

 

東電や日産、家庭で蓄電を地域で共有。再生エネ普及促す
総務省開発へ、電波の空きを迅速シェア。5G参入企業増やす
東京海上とドコモ、スマホで自分だけ保険。AIで行動分析
豊洲新市場、きょうスタート。世界と競う
総務省、携帯料金シンプルに。値下げヘ研究会
G20、新興国を重点点検。通貨安で物価急騰
あいおいニッセイ、IoT機器の保険
グーグル新機種、データ武器にスマホ開発
KDDI、キッザニア買収。携帯各社、非通信に活路
東京ガス、カナダからLNG輸入
四国電、伊方2号機廃炉計画提出
アシックス、高地トレーニング施設参入
ノジマ、社員の不妊治療費用補助
ヤフー、個人の信用スコアサービス実験
工作機械受注額、9月2.8%増
ドンキ、ユニー買収へ。ファミマはコンビニ専念
ファミマやセブン、バイト確保へ報い方改革
イオン、分権から集権へ。3〜8月し純利益2.5倍
日立物流、同業AITに出資。中国起点にアジア開拓
住商、テキサスで宅地造成
竹内製作所、一転増益に
コメダ、純利益6%増
USMHとライフコーポ、3〜8月最終増益
ABCマート、3〜8月最高益
野村不動産、横浜で大規模開発

 

 

 

日経平均株価

終値:22,590.86円(-915.18円)

 

 

 

米ドル:112.24円

ユーロ:129.86円

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は大幅反落。

 

終値は915円安で9月10日以来、
約1カ月ぶり の安値水準で引けました。

 

下げ幅は今年3番目の大きさでした。

 

10日の米国株が大幅安となった流れを引き継ぎ、

朝方から売りが先行。

 

香港、上海、台湾などのアジア株が

連鎖的に下落し投資家心理を悪化させました。

 

前日に安川電機が業績予想の下方修正を

発表したことで企業決算への期待感も後退しました。

 

先物への投機的な売りが下げを加速させ、

下落幅は一時1000 円を超えましたが、

大引けはやや下げ幅が縮小しました。

 

東証1部騰落数は、

値上がり56銘柄に対し、

値下がりが2050銘柄、

変わらずが4銘柄でした。

 

 

 

 

 

ヨーロッパ、アメリカ、日本、中国など

世界同時株安となり、東京株式市場は全面安の展開。

 

ここ1ヶ月の上昇分がほぼ吹き飛びました。

しかし、ファーザーおよび
長兄ヒロさんが常々仰る通り、

粛々と居合抜きで型を徹底していれば

何も問題のない展開で、むしろ本日のプチ暴落は

美味しい思いを享受できた相場でした(´∀`*)

 

空売りはもちろん、

底値付近で仕込んでも楽しいですね( ´ー`)

45年間無敗の株式投資手法「居合抜き」は

北の物販倶楽部にて現在も絶賛公開中です。

 

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~