• 投稿 2018/10/22 
  • 未分類

2018年10月22日月曜日

 

下げ材料

 

社長100人アンケート、景気拡大1割減

トランプ米大統領、核廃棄条約の破棄表明。新冷戦構図一段と

ノーベル賞下村氏、死去

九電、最大規模の出力制御。需給バランス調整

 

上げ材料

 

カルソニック、欧州の車部品大手買収

自衛隊のサイバー防衛、ホワイトハッカー採用へ

消費増税対策、住宅新・改築にポイント。購入時の負担軽減

積立NISA、20代が4割増。投資家の裾野広がる

LNG日欧で枠組み、消費国で融通

財務省、研究分野で新陳代謝促す

東電、通信に再参入。電気とセット販売も

 

 

 

 

日経平均株価

終値:22,614.82円(+82.74円)

 

 

 

 

米ドル:112.85円

ユーロ:129.43円

 

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は3日ぶりに反発。

 

外部環境の不透明感を嫌気した売りが先行し、

朝方は一時260円まで下げ幅を拡大しました。

 

しかし、中国市場で政府による景気支援や

市場安定化への取り組みなど政策への期待が広がり、

上海総合指数が4%を超す急伸となりました。

 

これを支えに日本株は持ち直し、

後場にプラスに転じました。

 

東証1部の騰落数は、

値上がり1216銘柄に対し、

値下がりが792銘柄、

変わらずが100銘柄でした。

 

 

 

 

積立NISA、20代が4割増。投資家の裾野広がる

 

徐々にNISAが浸透してきているものの、

闇雲に投資しても目減りしてしまっては

本末転倒ですよね(´・ω・`)

 

松山式投資信託では

セーフティネットの構築方法から

銘柄選択の基準などを

分かりやすく解説して下さっています。

 

ご興味のある方はどうぞ(´∀`*)

 

▷松山式投資信託はコチラから

 

 

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~

 

 

 

2018年10月21日日曜日

 

下げ材料

 

米政治、マネーvsSNS。民主の拡散力、共和の5倍

欧州の金融、石炭火力の保険受託停止が相次ぐ

サウジ疑惑、遠い幕引き。皇太子関与否定、説明に矛盾多く

新興国市場、動揺一段と。米金利上昇で環境悪化

海賊版サイト、対策まとまらず。有識者会議、無期限延期へ

JR北、来年秋運賃値上げへ

テックビューロ流出通貨、口座3万超に。42億円分、数日で分散

上げ材料

 

サムスンとNEC、開発と販売で提携。中国勢に対抗

政府方針、防衛大綱見直しで敵基地攻撃の明記見送り

インド格安ホテルOYO、日本進出。既存施設FC化で成長

国際協力銀行など、インドネシアのLNG発電融資

政策投資銀、J1セレッソ大阪に融資。成長産業化後押し

 

 

 

 

2018年10月20日

 

下げ材料

 

KYB、財務省など70件公表。免震不正品、海外にも

サウジ記者殺害、皇太子関与説強まる

中国、はや貿易戦争の風圧。生産・投資が落ち込み

オンライン診療、導入が1%どまり。普及へ規制緩和を検討

サウジ疑惑、10兆円ファンドに影

野村総研調査、利用者の6割が携帯料金高い

川重、純利益下振れ

KOA、36%減益

DMM、消費者庁が課徴金1700万円。ディスプレーで不当表示

上げ材料

 

財務省と経産省、カード手数料の上限3%台。消費増税で中小対策

政府、景気下支え策にプレミアム商品券発行

環境省、レジ袋有料義務化案提案。コンビニなど対象

三菱UFJ傘下の米銀、米中堅投資銀を買収

三井不動産など、海外で大型ビル

JDI、中国の展示会参加でスマホ向け以外のPR

ルノーと日産、グーグルと新車の9割をつながる車に

日本IT団体連盟、情報銀行を来春に第1号

VW、中国にEV専用工場

JR東海、静岡県にリニアトンネルの協定案提示

エイベックス、Tik Tokと提携

日本メジフィジックス、放射線治療薬の新拠点

金型の対中輸出が拡大。高精度品に需要

旭化成、営業益初の2000億円