• 投稿 2018/10/25 
  • 未分類

2018年10月25日木曜日

 

下げ材料

 

ガソリン、4年ぶり高値。イラン制裁など影響

米、サウジ記者殺害で制裁小出し

米企業、貿易戦争の影。好業績でも株さえず

中国シェア自転車ofo、日本撤退の意向

千趣会、通販不振でリストラ

相談役・顧問がいる企業、2社に1社。最多は三菱UFJ

パソコン出荷、9月減少

日清フーズ、家庭用小麦粉値上げ

LINE、最終赤字60億円

上げ材料

 

厚労省方針、給与のデジタルマネー解禁。来年にも選択可能

安田さん、無事確認

日中、インフラ開発50件。タイで環境都市

政府、ポイント制検討。消費増税分還元に壁

金融庁、仮想通貨の投機色を抑制へ

東電、太陽光買取期限切れにらみ蓄電とセットで割安

東芝メモリ、上場検討

JR東、無人店舗を駅ホームで実験

富士フイルム、中国工場を売却

サムスン、NEC、5G基地局を日本で攻勢

インディード、企業の採用基準を透明化

JR東海、新型新幹線を8両編成に。輸出視野

化粧品輸出、5割増

アマゾンプライム、法人向けも当日配送無料

オリエンタルランド、客数増え1割増益

シャープ、純利益15%増

花王、純利益3%増

エネクス、純利益3割増

 

 

 

日経平均株価

終値:21,268.73円(-822.45円)

 

 

 

米ドル:112.62円

ユーロ:128.02円

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は

822円安と大幅反落。

 

終値は3月29日以来

約7カ月ぶりの安値水準を付けました。

 

前日の米国株が急落したことで

リスク回避の売りが先行しました。

 

日米ともに企業業績の

先行きに対する懸念が強まり、

短期筋のシステム売買による

先物売りのほか、

 

海外ファンド勢などから

現物の処分売りも出た模様です。

 

東証1部銘柄の98%が

値下がりする全面安商状。

 

東証1部の時価総額は

600兆円割れとなりました。

 

東証1部騰落数は、

値上がり34銘柄に対し、

値下がりが2072銘柄、

変わらずが3銘柄でした。

 

 

 

金融庁、仮想通貨の投機色を抑制へ

 

ようやくと言った印象です。

 

手数料や送金の負担を軽減するための

ブロックチェーン技術なのに

煽る方々のお蔭で違ったイメージが

定着してしまっているので残念です。

 

仮想通貨バブルと呼ばれるものも

あっという間に過ぎ去ってしまいました。

 

会長は常々、仮想通貨は架空通貨と

仰っていました。

 

そんな信用の裏付けもない

仮想通貨に現を抜かすよりも、

 

古くから変わらず取引されている

株式投資で確実に利益を抜いていく

技術の習得に注力する方が

余程建設的だと思います。

 

 

毎日淡々と利益を抜いていく

究極の投資手法は

北の剣客道場で絶賛公開中です。

 

▷北の剣客道場@北の物販倶楽部

 

 

 

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~