• 投稿 2018/10/30 
  • 未分類

2018年10月30日火曜日

 

下げ材料

 

メルケル氏、党首退任へ。求心力の低下必至

本社景気討論会、世界景気のリスク増す

大和証券、29%減益

徴用工、韓国最高裁きょう判決。賠償なら日韓関係に影響

ブラジルも自国第一。大衆迎合主義色濃く

電子部品受注、伸び鈍化

モス、11年ぶり赤字

日立化成、半導体部材の一部で不適切検査

KYB製品使用マンション、不動産大手が契約見合わせ

日産、国内生産14%減。不適切検査が影響

JR西、一転最終減益

TOTO、一転最終減益

レオパレス、最終赤字

日本ハム、今期純利益を下方修正

ミスミG、下方修正。部品が苦戦

インドネシア、旅客機墜落。全員死亡か

上げ材料

 

日印、AIを共同開発。デジタル協定合意

政府決定、21年卒も面接6月解禁

CCCとSBI証券、Tポイントで株式投資

財務省、仮想通貨取引の課税逃れ防ぐ

国内大学、積極的な資産運用に動いている

吉本興業、中国の華人文化グループとエンタメ学校

楽天、印マヒンドラと提携

製紙の明暗、王子はダンボール投資結実。日本製紙は印刷向け強化が裏目

ANAなど13社、インバウンド支援連携

日立、伊鉄道子会社株を追加取得

IBM、米レッドハットを過去最大の3.8兆円で買収

ドコモ、携帯料金値下げ検討。プラン分かりやすく

三菱商事とローソン、AIでコンビニ節電。5000店集中制御

NEC、オーダーメイド型がん治療法を仏企業と開発

コマツ、純利益22%増

塩野義製薬、上方修正

アズワン、4〜9月純利益15%増

 

 

 

 

日経平均株価

終値:21,457.29円(+307.49円)

 

 

 

米ドル:112.71円

ユーロ:128.17円

 

 

 

東京株式市場概況

 

東京株式市場・日経平均株価は4日ぶり大幅反発。

 

朝方は米国株安が重しとなり、

ハイテク株などに売りが先行しましたが、

節目の2万1000円を割り込まずに下げ渋ったことで、

一転買い戻しが優勢となりました。

 

その後、上海株の堅調推移をにらんで

ランチタイムに日経平均先物に買いが入り、

現物指数も上昇。

 

上げ幅を400円超に拡大する場面もありました。

 

東証1部騰落数は、

値上がり1840銘柄に対し、

値下がりが239銘柄、

変わらずが31銘柄でした。

 

 

 

三菱商事とローソン、AIでコンビニ節電。5000店集中制御

 

このニュースを耳にすると、

これからさまざまなものが

AIでコントロールされていきそうな

雰囲気が漂ってきますね( ´ー`;

 

そのうち、人々の一挙手一投足をも

全て管理下に置かれそうな悪寒。

 

便利な反面、

ちょっとコワイなとも思いました。

 

管理する方の立場にいる人達には

とても便利なのでしょうが、

労働者のままでいると、

こんな環境下に置かれるのでしょうね。

 

早くビジネスオーナー、

もしくは投資家・資本家のフェイズへ

移行したいものです( ´ー`)

 

投資家・資本家への転身をご希望なら、

北の剣客道場がおすすめです。

 

毎日、利益を抜いているメンバーの

書き込みが活発にやり取りされています。

 

▷北の剣客道場はコチラから

 

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~