• 投稿 2018/11/06 
  • 未分類

2018年11月6日火曜日

 

下げ材料

 

スバル、10月まで不正。社長交代後も継続

米、基軸通貨の圧力。ドル離れ誘発も

ビットコインの円建て売買、ピークの1/25

東南アジア経済、変調の兆し。貿易戦争で試練

ソフトバンク、サウジ混迷で逆風

アップル、iPhoneXRの増産中止

日産、10月中国新車販売5.5%減

大林と清水建設、リニア談合で一定期間指定停止に

パイオニア再建、視界不良

清水建設、4%減益

サントリBF、営業益を下方修正

帝人、一転営業減益

日水とマルハニチロ、減益

東邦亜鉛、最終赤字12億円

プリマハム、一転減益

アース製薬、今期一転大幅減益

第一興商、4〜9月純利益2%減

グンゼ、4〜9月営業益3%減

京阪、今期純利益8%減

 

上げ材料

 

EU、AIに倫理指針。人種や性別の差別防ぐ

中国、米にらみ購買力誇示。景気減速、目標は小粒

シンガポールの3大手銀、中華圏攻略で大幅増益

あずさ監査法人、マネロン対策を地銀に指南

NTT、次世代の技術拠点を米に

凸版印刷、位置情報と天候を組み合わせた広告配信サービス始める

LINE、インドネシアでネット銀行参入

プリン、第三者増資で12億円調達

NEC、AIで肺炎リスク予測

住友不動産、3年連続最高益

家電量販3社、増益。エアコンけん引

ミネベア、純利益33%増

ユニチャーム、純利益最高

ライオン、純利益28%増

日産化、純利益11%増

パイロット、経常益10%増

Uアローズ、純利益19%増

京王電鉄、4〜9月純利益最高

 

 

 

東京株式市場概況

 

日経平均株価

終値:22,147.75円(+248.76円)

 

 

 

米ドル:113.40円

ユーロ:129.45円

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は反発。

米国株や為替の落ち着きを支えに買いが先行。

 

トヨタ(7203.T)の決算発表後に

上げ幅を一時250円超に拡大しましたが、

米中間選挙の結果を見極めたいとのムードは強く、

一段上を買う姿勢は限られました。

 

米アップル(AAPL.O)が台湾メーカーに

新型スマートフォンの増産中止を

要請したと一部で報じられ、

ハイテク株は軟調でした。

 

東証1部騰落数は、

値上がり1362銘柄に対し、

値下がりが674銘柄、

変わらずが75銘柄でした。

 

 

 

ビットコインの円建て売買、ピークの1/25

 

仮想通貨は架空通貨でしたね( ´ー`;

 

これからも手を変え品を変え

さまざまな金融商品が出回るでしょうが、

昔から変わらない株式投資が一番だと思います。

 

株式投資の究極の手法

 

 

 

本日もお疲れ様でした( ^^) _旦~~