• 投稿 2017/03/31 
  • 未分類

2017年3月31日金曜日

 

 

下げ材料

 

森永製菓と乳業、統合見送り

電力10社と都市ガス4社、電気を100円超値上げ

ファストリ:社長が米国の生産・国境税にあり得ないと断言

JDI:JOLEDとの子会社化延期

 

上げ材料

 

東芝:半導体分社を決議。米WHへ米社が2兆円提示

三菱UFJ:米欧豪6行と送金サービスで連携

経産省、次世代自動車でメーカーが系列超え協力できるよう後押し

厚労省、介護職員の月給を9530円増えたと発表

信金、フィンテック企業と連携拡大

サムスン:スマホ再起へ品質重視

ソニー:キリンと連携し、ネット広告を効率配信

ファンケル:再雇用の年齢制限撤廃

ヤマト・佐川:高速道路の速度制限の緩和を政府に要請

住商:インドで車鋼材加工。現地大手に200億円

神明:水産加工会社を買収

日本ガイシ:排ガス浄化部品を増産

日本電産:社長兼会長が京都学園の理事長に就任

伊藤忠とセンチュリー21:チャット使った賃貸仲介で連携

HIS:国内航空券予約サイト立ち上げ。欠航・遅延で1万円の見舞金

ファミマ:今期3000店をファミマに転換加速

西友:ネットスーパーの再配達サービスを実質有料に

積水ハウス:ゼロエネ住宅で新工法開発

ヒロセ電:営業益300億円

DIC:9通貨で調達できるようUFJと契約

スシロー:東証一部に上場。初値3430円と公開価格を下回る

 

 

 

日経平均株価

終値:18,909.26円(-153.96円)

 

 

 

米ドル:111.39円

ユーロ:119.13円

 

 

 

 

東京株式市場・日経平均株価は続落。

 

節目の1万9,000円を割り、

2月9日以来の安値を付けて引けました。

 

前日のNYダウの上昇や円安ドル高の流れを受けて

買いが優勢でしたが、一転、後場は下げました。

 

受渡しベースで既に新年度入となったため、

機関投資家による利益確定売りに押され、

大引け前に一気に下げ幅を拡大して引けました。

 

 

 

「東京情報」に基づく「投資信託」は

新年度も変わらず、年利40%超をマーク。

 

変動の大きい株式投資よりも安定的に

リターンを得ることができるので安心です( ´ー`)

 

 

松山式投資信託では3つを公開中。

 

北の物販倶楽部では全て公開中。

 

 

今週もお疲れ様でした( ^^) _旦~~