• 投稿 2016/07/29 
  • 未分類

2016年7月29日金曜日

 

 

下げ材料

 

 

東電:廃炉費用、国に支援要請。経常利益36%減

野村:純利益32%減

米、追加利上げ見送り。次回再開へ意欲

村田製作所:純利益19%減

車8社、国内生産3.1%減

富士重:営業益25%減

三菱電:純利益23%減

新日鉄住金:146億円赤字

富士通:最終赤字140億円

オムロン:純利益37%減

エプソン:純利益61%減

日立金属:純利益73%減

住友化:純利益27%減

京セラ:純利益45%減

菱鉛筆:純利益12%減

味の素:経常益9%減

大ガス:純利益48%減

コマツ:純利益52%減

 

 

上げ材料

 

三菱UFJ信託:米投信の資産管理会社を買収

ソニー:電池事業を村田製作所に売却

日銀、追加緩和を議論へ。今日判断

羽田、増便へ前進。国際線旅客5割増見込む

みずほ・第一生命:海外インフラ債権に投資

武蔵野銀:千葉銀系の資産運用会社へ20%出資

太平洋セメント:バイオマスで売電参入

ソフトバンク:19%増益

丸紅:ガス配給参入

パナソニック:ロシアITと提携し、データセンター省電力化

住友林業:豪で住宅会社買収

中部電:業務にAI検討

すき家:全店長、転勤なし。パートら登用しやすく

アパグループ:北米展開のホテル買収

JR旅客6社、お盆の予約8%増

ビックカメラ:月600円でかけ放題スマホ開始

コニカミノルタ:今期純利益13%増

キリン:営業益580億円

オリエンタルランド:純利益5%増

オエノン:純利益3倍

花王:純利益36%増

 

 

 

日経平均株価

終値:16,569.27円(+92.43円)

 

 

米ドル:102.11円

ユーロ:114.00円

 

 

 

本日は日銀金融政策決定会合の

結果発表でした。

 

13時前に日銀ホームページでも公開されていましたが、

ETF(上場投信)買入れ3.3兆円→6兆円と

およそ倍額となる追加緩和でした。

 

発表前後では大きく日経平均株価、為替共に振れ、

歓迎されているのか、失望されているのか

分かりにくい状況でした。

 

為替が1ドル105円だったのが

数分間の間で一気に102円台へ突入したので

失望売りが加速したのでしょう。

 

ETF買入れ額の拡大だけに留まる

小粒な追加緩和と解釈される形となり、

市場関係者へインパクトがあるものとは

ほど通り追加緩和となりました。

 

今年1月に導入されたマイナス金利も

ようやく市場に浸透し始め、

 

来月には政府主導で経済対策28兆円を

掲げられているため、

 

何かしらの形で連動して

日銀も動くのでは?と観ていましたが、

ほぼ現状維持のような形でした。

 

東京情報によると、

200兆円規模の追加緩和の予定があるとのことですが、

果たして。。(・∀・;

 

あまり追加緩和には期待せず、

チビチビ利益を抜いていくことに

専念した方が賢明な気がしますσ(^o^;

 

今週もお疲れ様でした(^^)